タグ:イ・ムジチ ( 1 ) タグの人気記事

コレッリなんてしらない。

このまえ、ダントーネ/アカデミア・ビザンティナの演奏で、コレッリのop.6-2と6-4を聴いたんです。NHK-FMで。2010年、ドイツのハレでのライヴでした。

気持ちが悪かった。
趣味の悪い夜の蛾のような音楽。
あれほど無残に、品のない装飾をたくさんぶら下げて。白木でできた拍の枠はぼろぼろに蹴破られ、引き攣ったコンチェルティーノのご機嫌を伺うリピエーノ。かつてビオンディもかなり自由に振舞っていたけれども、少なくとも、彼らは音楽の自然な流れを堰き止めることはしていない。コレッリの成立要件が、たとえばヴィヴァルディとはずいぶん違うということがよくわかる結果だった。

僕は、コレッリのop.6に新しい像を示すのはたぶんダントーネだと思っていた。op.6の12曲を心のふるさととする人間として、それなり以上の期待をしていた。
ともかくも新しいコレッリだった。それをコレッリと認識することができれば。

+ + +

c0060659_22123420.jpg【PHILIPS/UCCP3050-1】
●コレッリ:合奏協奏曲集 op.6
⇒イ・ムジチ合奏団
  フェデリコ・アゴスティーニ(Vn)
  クラウディオ・ブッカレッラ(Vn)
  フランチェスコ・ストラーノ(Vc)
  マリア・テレサ・ガラッティ(Cem)
  ペーター・ソロモン(Og)

イ・ムジチの録音をずいぶん久々に聴いてみて、もしかしたら、自分の理想像が限りなくこれに近いのではないか、という(ある種の)恐怖に襲われている。

コンチェルティーノの装飾はほぼまったく存在しない(なんということでしょう!)。通奏低音のリアライゼーションは後ろのほうのダ・カメラになるとほんの少し浮き上がるけど、そんなもんです。もちろん弦楽器はバリバリのモダン奏法で、当たり前だけどピッチは高いし、合奏人数が多くて響きも肉厚。ところが、たっぷりと汁気を含んだがんもどきにかぶりつくようなこの幸福感はなんだろう。

彼らの足回りは決して鈍くない。1991年に、モダン楽器であえて全曲録音している意味は確かにあるっていうことだよな。
ここでは秘密も何もなくて、拍をそのまま丁寧になぞっているだけだと思うんだけど、この作品集はもうそれでよく、特に味つけは必要ないといえよう、とか言っちゃいたくなる完成度の高さ。

+ + +

僕はだいたい、新しいもの、面白いものが好きで、派手にお化粧するスタイルに拒否を感じたことはこれまでになかったのですが、このたびのダントーネ一派のコレッリは、ちょっとそれ違うだろ、と思うのです。声楽に由来するタイプの伸縮、それにともなうスリルの追及は、コレッリには全然合わないんだよ。コレッリがオペラを遺していないというのは、僕らが思っている以上に重い事実なんじゃないかな。

さて、今日もアンサンブル415を聴くしかないんだろか。
by Sonnenfleck | 2011-04-21 22:16 | パンケーキ(18)