人気ブログランキング |

タグ:シャルパンティエ ( 2 ) タグの人気記事

on the air:ル・ポエム・アルモニークのテ・デウム祭り(ビゼーもあるよ)

c0060659_21544071.gif【2011年6月7日 サン=ドニ大聖堂】
●シャルパンティエ:テ・デウム ニ長調 H146
●リュリ:テ・デウム
→Amel Brahim Djelloul, Soprano
 Claire Lefilliâtre, Soprano
 Jean-François Lombard, Haute-contre
 Mathias Vidal, Ténor
 Geoffroy Buffière, Basse
→ジェフロイ・ジョルダン/ル・クリ・ド・パリ
⇒ヴァンサン・デュメストル/ル・ポエム・アルモニーク
(2011年6月25日/France Musique)

ここでのシャルパンティエは梅雨の晴れ間の土曜の朝にぴったりである。

緻密なイネガルを駆使した手弱女ぶりの造形も素敵だが、このように強く気高く、益荒男ぶりなシャルパンティエも好いよね。
デュメストルはところどころ爽やかな装飾を入れたりしているが、基本的には楽譜の持つエネルギーだけで安定的な自動運転に入っている。太鼓は元気印、トラヴェルソの重奏も模糊とせず、通奏低音の弾むアーティキュレーションは飛鳥の仏像のように、優美な衣の下のしなやかな筋肉を感じさす。

いっぽう、リュリはもっとごつい。今度は急に時代が下って(本当は逆だけども)、国芳の武者絵みたいにデフォルメされた漫画風の筋肉を思い浮かべる。リュリに荘重さを感じることはあってもごつさを感じることって普段はあんまりないので、シャルパンティエと並べて聴くと面白いすね。

+ + +

で、上記ライヴのあとの余った時間で放送されたビゼーのテ・デウム(NAXOS 8.572270)が、僕にとっては非常に衝撃的であった。
この曲、ローマ賞を獲ったあたりで作曲されたらしいんだけど、音楽が完璧に社会主義リアリズムをやってる。この単純な拍子にпартияの叡智が、無国籍な叙情的メロディにпионерの安らぎが載っけられてたりしても全然おかしくない。何か、、を讃える方式がたかが数十年で変化するわけがないということの良い例でした。
by Sonnenfleck | 2011-06-27 21:58 | on the air

ミ印良品(季節の品のお買い得)

2010年度のクリスマス中止派は、金→土という最強のカレンダー配置を前にして、戦わずして敗走したようであります。今年は「いつものあれ」が見つからない。中止派の職人は何してるんだよー!
(追記)あ。ごめんちゃんとあった

+ + +

c0060659_21265525.jpg【ARCHIV/UCCA3123】
<シャルパンティエ>
●《テ・デウム》 H146
●クリスマス・オラトリオ《主の御降誕のカンティクム》 H416から〈夜〉
●4声合唱、リコーダーと弦楽のためのクリスマスのミサ曲《真夜中のミサ》 H9

→アニック・マシス(S)、マグダレーナ・コジェナー(MS)
  エリック・ヒュエ、パトリック・ヘンケン(T)
  ラッセル・スミス(Br)、ジャン=ルイ・バンディ(Bs)
→ルーヴル宮合唱団
⇒マルク・ミンコフスキ/ルーヴル宮音楽隊

さて、この季節はシャルパンティエだな。アンリのケーキじゃなく、マルカントワーヌの《真夜中のミサ》
内気な美少年みたいなシャルパンティエ、僕はわりと好きなのですが、このあいだ買い求めたミンコフスキ盤を聴いてみますと、彼ららしい「愉しませ・面白がらせ」が極めて良い方向に働いているのがよくわかりました。

クリスティ/レザール・フロリサンのディスクを取り出して比べてみる。
声を輪郭線に用いてしっとりとレガート気味の柔らかな響きを形成し、小節線にもそれほど拘らず、明らかにリュリのような流儀で《真夜中のミサ》を捉えているクリスティ(久しぶりに聴いたが、いい演奏だね)。
対するミンコフスキはラモー、までは行かずとも、もっとざっくりとした、通奏低音が拍子を形成するコレッリ流の器楽重視路線でこの作品を演奏する。この拍子はあくまでも厳格であり、声を完全に支配下に置き、それゆえの舞踊的魅力を備えているわけですね。

どちらが優れているかという判断はできないが、今のところはミンコフスキの録音のほうが好きだな。ダンスナンバーだけではない、マイナー曲を量産していた90年代のミンコフスキの美点として、この作品ではたとえば〈クレド〉のように、なで肩の親密な美しさを提供する部分も多いわけだし。

+ + +

ちなみに《テ・デウム》は、今日のミンコフスキの「愉しませ・面白がらせ」肥大症を予期させる、たいへん豪快愉快な演奏です。ラッパと太鼓がいない場面でもオルガンとリュートを打楽器みたいにして(!)拍を作ってガンガン前に進んでいくのは、聴いていて素直に凄いと思う。
by Sonnenfleck | 2010-12-25 21:28 | パンケーキ(17)