人気ブログランキング |

タグ:ジャルスキー ( 4 ) タグの人気記事

男だらけで、遠く離れて、密かに隠れて。

c0060659_2124918.jpg【Virgin/5099907094323】
●ボノンチーニ:Pietoso nume arcier
●マンチーニ:Quanto mai saria piu bello
●コンティ:Quando veggo un'usignolo
●ボノンチーニ:Chi d'Amor tra le catene
●同:Bella si, ma crudel
●ポルポラ:Ecco che il primo fonte
●B. マルチェッロ:Chiaro e limpido fonte
●同:Veggio Fille
●A. スカルラッティ:Nel cor del cor mio

→フィリップ・ジャルスキー(C-T)+マックス・エマニュエル・チェンチッチ(C-T)
⇒ウィリアム・クリスティ(Cem,Org)/レザールフロリサン
 ~ヒロ・クロサキ(Vn)、カトリーヌ・ジラール(Vn)
  ジョナサン・コーエン(Vc)、エリザベス・ケニー(Tb,Lt)

近年出色の、エロバロデュオアルバム。禁色すなあ。
当代の人気カウンターテナー2人が組んずほぐれつ、差配はクリスティ以外の誰が務めよう。間違ってもピノックやルセじゃ義しすぎる。

品物を渋谷塔で見かけ、むんむんと漂うあちら側の雰囲気を感じて思わず衝動買いするも、オペラのデュオ曲集かというのは勘違いであった。

ここに収められているのは、1680年代から1720年代にかけて流行した「室内カンタータ」の系譜に属する作品たち。主として貴族の館の狭い室内で展開された、洗練され様式化された愛の歌である。華美というバロックの一大要素から正反対に舵を切り、隠微な美しさをこそ求める音楽。。

+ + +

どれもこれも官能の極致なのだが、就中、筆舌に尽くしがたいというか、その淫靡さに身悶えせざるを得ないのが、ベネデット・マルチェッロのカンタータ《ティルシとフィレーノ》からの重唱〈Veggio Fille〉である。

これ、歌詞を見るかぎりでは、ティルシ♂(ジャルスキー)がフィレ♀を想って、そしてフィレーノ♂(チェンチッチ)がクローリ♀を想って、それぞれ「じっと見れるけど口がきけねえ/口はきけるがじっと見れねえ」と男子中二病的な悩みを炸裂させてるようなんだけどさ(下図参照)。

 ティルシ♂ → フィレ♀(不在)
 フィレーノ♂ → クローリ♀(不在)

若干自信がないのは、フィレ♀=フィレーノ♂の愛称形ではないか、という点なのです。そうするとこのテクストは、

 クローリ♀(不在)
 ↑
 フィレーノ♂ ← ティルシ♂

という妖しいBL世界に変容してしまいます。
なんたって2人の歌の熱っぽい柔らかさと、クリスティのかそけきオルガンの音が、この誤解のままでもいいじゃない―?と僕を誘いに来るのです。この誘いに乗ってはいけない気がします。気がするけれど、それにしても美しい…。

あ、このアルバムにはポルポラや親父スカルラッティのかっこいいナンバーもいちおう入ってますんで。いちおうね。。
by Sonnenfleck | 2012-03-08 21:07 | パンケーキ(18)

on the air:シャンゼリゼ劇場の[ガラ・ヘンデル]

c0060659_12592131.jpg【2010年3月19日 パリ・シャンゼリゼ劇場】
<ヘンデル>
●Arrivée de la Reine de Saba Solomon
●« Frondi tenere... Ombra mai fù » Serse (+)
●« Where shall I fly » Hercules (**)
●« Son nata a lagrimar » Giulio Cesare (**/+)
●Scène de la mort de Bajazet Tamerlano (*/+/++)
●« Lascia ch’io pianga » Rinaldo (*)
●« As steals the morn » L’Allegro, Il Penseroso ed il Moderato (*/++)
●« E vivo ancora... Scherza infida » Ariodante (+)
●« Fermati » Rinaldo (*/+)
●« Le lusinghe... Non è amor, nè gelosia » Alcina (*/**/+)
●« Dall’ondoso periglio... Aure, deh, per pietà » Giulio Cesare (**)
●« Venti, turbini » Rinaldo (+)
●« E pur così in un giorno... Piangerò » Giulio Cesare (*)
●« Where’er you walk » Semele (++)
●« Dover, giustizia, amor » Ariodante (**)
●« Se bramate » Serse (++)
●« Io t’abbraccio » Rodelinda (*/**)
●« Da tempeste » Giulio Cesare (*)
●« Voglio tempo per risolvere » Il Trionfo del Tempo e del Disinganno (ALL)

→サンドリーヌ・ピオー(S *)
 マリー=ニコル・ルミュー(Ca **)
 フィリップ・ジャルスキー(C-T +)
 トピ・レティプ(T ++)
⇒エマニュエル・アイム/ル・コンセール・ダストレ
(2011年5月27日/France Musique)

このスター揃い踏み!そしてこの贅沢なプログラム!

予期せず《シバの女王の入城》から始まってとってもハッピー。僕が通っていた小学校の放送部は、朝の学級会を始める時間に、校内放送で毎日々々この曲を流してましてね。僕が生まれて初めて「音楽」として接したバロックは、間違いなくこのナンバー。エマニュエル・アイムはあんまり細部を抉らずにふあふあした作りに仕立ててて、ガラの期待感を高める。

« Lascia ch’io pianga »のピオーはまさしく女王さまで、、ああ、、なんと言ったらよいのか。。これまでに聴いたこの曲のどの歌唱よりもラグジュアリーで、しかし温かく。アマでプロで何度も何度も何~度も聴いて、隅々まで知っているつもりになってたこの曲で泣かされることになるとはうぐぐ。。

ボストリッジのヘンデル・アルバムで苦み120%増しで歌われていた« E vivo ancora... Scherza infida »も、ジャルスキーの声に掛かるとまるで正反対の、愛を告白する歌みたいに変貌しちまうね。

ソロも好いのだが、さらに重唱ナンバーの魅力は筆舌に尽くしがたい。
ああ、ヘンデルフルコースが気持ち良すぎて感想書いてくの面倒くさくなっちゃったなあ。そうそう、こういう気持ちにさせるのがヘンデルだよなあ。というヘンなまとめ方で締めつつ、期間限定ながらオンデマンドで簡単に聴けるのでバロクーな人たちはみんなみんな必ず聴いてください。おしまい。

+ + +

ところでね。NHK様がついにラジオのインターネット配信に踏み切るそうじゃないですか。かつて地吹雪にも負けず、夏の稲妻にも負けず、雑音が混じらないFM聴取に心血を注いだエアチェック小僧としては、ちょっと寂しい気がするくらいのニュースである。でも配信は48Kbpsらしいからな!まだまだ電波の価値はあるな!
by Sonnenfleck | 2011-06-04 13:25 | on the air

ミスター・バックを発見せよ!

c0060659_1913229.jpg【Virgin/ 6945640】
●ヨハン・クリスティアン・バッハ:《甘い炎》~カストラートのための忘れられたアリアたち
→フィリップ・ジャルスキー(C-T)
⇒ジェレミー・ローラー/ル・セルクル・ドゥラルモニー



いい!とてもいい!…クリスティアン・バッハが!
もともと「ジャルスキーすげえ現象」を後追いするために買い求めたアルバムであったが、結果としては、末っ子バッハ氏の様式を自分の中で発見し、その偉大さを認識する手助けとなった。
まったく遅ればせながらではあるけども、クリスティアン・バッハの何に感銘を受けたかと言ったら、「オレがオレが自意識」からフリーなバロック的立場と、盛期古典派の豊かな旋律美が合体している、その独特の様式に!なのですな。

モーツァルト、確かにモーツァルトに似ている。しかし、モーツァルトでしばしば混入する自意識、超一流の作曲マジックによる微妙な浪漫的翳り、これが、クリスティアン・バッハには稀薄なのかもしれない。
そのかわり(まさにこれは、ロンドンの先輩ハンデル氏のように)、語弊を恐れずに書けば「心にもない」大袈裟な身振り手振りを、的確に音化していく職人的技術、その最良のものが備わっているように思う。その結果、彼の音楽の中にはプログレッシヴ・バロックとしか言いようのないものが炸裂している!

+ + +

トラック1《シピオーネの慈悲》から〈勇士は戦い〉、あるいはトラック7《シリアのアドリアーノ》から〈敵のすべて〉、トラック11《アルタセルセ》から〈過酷さの海へ水を切って進もうと〉などは完全にヘンデルの未来形で、クレイジー&クールなタテノリアレグロ。
いっぽう、トラック6《シリアのアドリアーノ》から〈愛しい人、甘い炎よ〉などは、アルバムタイトルになっていることからもわかるように、クリスティアン・バッハ独自の清潔な抒情が漂うナンバー。6分30秒過ぎから「グラン・パルティータ しょうゆ味」みたいな雰囲気になって、これがとてもとても美しい。

ジャルスキーは、、特殊な糸を張った弦楽器、あるいは特殊な鉱物を削って造った笛、みたいな完璧トーンで、人間離れしてオーケストラから突き抜けていますな。
突き抜けられたオケ、ル・セルクル・ドゥラルモニーの側だって負けてはおらず、ダムラウのモーツァルト・アルバムの伴奏で聴かれていたとおり、ここでも要チェックに値する精密な音作りを続けている。
by Sonnenfleck | 2010-07-03 19:18 | パンケーキ(18)

モンテヴェルデ屋襲撃

更新を心待ちにしているブログやサイトの数を数えだしてしまうと、両手両足の指を使っても到底足らないわけだが、その中でも特に文章が美しくて好きなのが「Langsamer Satz」「音のタイル張り舗道。(旧『はた迷惑な微罪』)」、そして「ゴロウ日記」なのであります(敬称略)。文体の傾向は三者三様ながら、この方たちのような文章が書けたら悔いはないなと思いながらの日々。

+ + +

c0060659_21471510.jpg【Virgin/5099923614024】
●モンテヴェルディ:『愛の劇場』
→ヌリア・リアル(S)
  フィリップ・ジャルスキー(C-T)
  シリル・オーヴィティ(T)
  ヤン・ファン・エルザッカー(T)
  ジォアン・フェルナンデス(Bs)
⇒クリスティナ・プルハール/ラルペッジャータ

このアルバムは、その「音のタイル張り舗道。(旧『はた迷惑な微罪』)」さんが取り上げていたもの。
そして、僕のモンテヴェルディ観がすっかり変ってしまった記念の一枚。

ラルペッジャータ、というアンサンブルは名前のみ知っていて、エスニックなスタイルを売りにしているようだ、ぐらいの理解でありました。偏狭なクラヲタ精神に蝕まれているせいで、辺境的な演奏に近づくのがなんとなく恥ずかしいナ、という阿呆な想念も、このアンサンブルを見つけるタイミングを遅らせた。

モンテヴェルディはアレッサンドリーニもサヴァールも一応聴きましたが。彼らのような「ヌーヴェル・キュイジーヌ」でさえ、この食材にもってりとクリームソースを掛けて料理していたんだなあ。ラルペッジャータの演奏を聴いてしまって、なんだかそういう気がした。
この、香草というか山菜というか、いずれ古い時代の強い残り香を伴う繊維質の音楽に、厚いクリームを纏わせるのも一つのやり方ではありましょう。しかし自分には、クリームによってその瑞々しい歯ごたえや苦みがスポイルされていたように思われる。むしろスパイスと岩塩だけで味つけするラルペッジャータのやり方は、僕にとってはこれ以上考えられないくらい、モンテヴェルディの本質を浮かび上がらせているように感じられるのです。

+ + +

たとえば(いきなりアルバムの最後で恐縮だけども)、トラック16の〈西風が戻り〉というナンバーの軽快さ。余白が多いスコアの隙間を乳成分で満たしてしまうのではなく、岩塩の粒々でむしろ隙間を拡げて空気を含ませてしまう。チャッコーナのチャキチャキした軽さをこのように表現するのかあ。すごいなあ。。そしてジャルスキーとリアルの声で決定的に背すじを射抜かれるステレオ。

それから、ああこんな曲があったんだな―トラック3の〈ずっとあなたを見つめ〉
これは《ポッペアの戴冠》のフィナーレを飾る二重唱とのことで、天国的に美しい音響。僕がラルペッジャータを称賛したいのはまさに、こういうゆったりとしたナンバーにしつこさが微塵もないという点なんだよねえ。擦弦楽器はあってもごく薄く振りかけるくらいに、逆に強く撥弦楽器のスパイスを効かせて(トラック6の〈苦しみが甘美なものならば〉、トラック10の〈安らかにみな忘れ〉などみなそうだ)。

でねでね。トラック2〈ああ、私は倒れてしまう〉の異様な表現は、ぜひご自分の耳で確かめてみてほしいス。セクシーすぎるコルネットの音もあり、、アントネッロのライヴだと瞬間的にこんな感じになってることは珍しくないけどね。。しかしジャルスキーの声はエロいな。。
by Sonnenfleck | 2010-03-04 21:55 | パンケーキ(17)