タグ:フォルクレ ( 3 ) タグの人気記事

on the air:【必聴】1984年のブリュッヘン+ビルスマ+レオンハルト@シャンゼリゼ【オンデマンド】

【1984年10月6日 シャンゼリゼ劇場】
<France Musique rend hommage à Gustav Leonhardt>
●デュパール:組曲第4番ロ短調
●フォルクレ:組曲第1番ニ短調~la Laborde, la Forqueray, la Bellmont, la Portugaise
●コレッリ:《ラ・フォリア》
●ウッチェッリーニ:?
●バルトロメオ・デ・セルマ:カンツォーナ
●フレスコバルディ:Vcと通奏低音のためのカンツォーナ
●フォンターナ:ソナタ第2番
●ルイジ・ロッシ:トッカータ
●カステッロ:ソナタ第2番
⇒フランス・ブリュッヘン(Rec)
 アンナー・ビルスマ(Vc)
 グスタフ・レオンハルト(Cem)
(2012年1月29日/France Musique オンデマンド)


フランス国営放送から、レオンハルト追悼企画として28年前のライヴ音源が蔵出しになった。バロックのソロソナタ編成を、ステージと客席に段差のないホールの最前列に座って聴くとちょうどこんな感じですね。生々しい音質が嬉しい。

+ + +

番組表だとテキトーな記述なんで、聞き取れた範囲で曲目も書いた。ご覧のように夢のような豪華なプログラムなんだけど、最初の1曲目はシャルル・デュパール Charles Dieupart (1667?-1740?) の第4組曲です。

ねばねばしたアルマンドの歩みに、また、烈しいジーグの跳躍に(本当に烈しいのです…)、われわれが彼の的確な通奏低音魂を聴かなくてどうする。ブリュッヘンは笛吹きキャリアの最後期でも相変わらず獅子王だし、ビルスマも思いっきり見得を張るし。名曲の名演奏としか言いようがない。

続いてフォルクレのニ短調の組曲からの抜粋を、レオンハルトのソロで。
もしレオンハルトのことを「無味乾燥な教条主義者」だと思っている方がおられたら、この演奏だけでも聴いていただかなければ困る。このフォルクレを聴いてもなおそのように思われるなら、僕が諦めることにしよう。
前に「フォルクレは女神転生」と書いたことがあるけれど、その表現を完全に満たす演奏が実現されている。驚いた。悪魔のような演奏(魔神クリシュナ LV57…)。チェンバロが破滅的に囂囂と鳴っている。センペやアンタイはお師匠さんのこういう側面をしっかり受け継いでいるんだな。

いっぽう、コレッリ《ラ・フォリア》には、脂が乗りきったおっさんたちのダンディズムが平らかに薫る。彼らの若いころの録音と違って、スリルではなくコレッリのコレッリ性をこそ追求してる、というか。
ブリュッヘンとビルスマに見せ場がたくさんあるのは変わりないので、レオンハルトは完璧な通奏低音者に徹することにしているようだ。

+ + +

続く17世紀作品たちだが、上の3曲から続く一夜のコンサートなのかどうか、自信がない。録音状態もまちまちなので、もしかしたら別日程を組み合わせて放送してるのかもしれん(フランス語よくわからないんで…)。

こちらのリンクから、たぶん来月17日までオンデマンドで聴くことができる。
by Sonnenfleck | 2012-01-29 10:11 | on the air

水永牧子 チェンバロ・リサイタル@東京オペラシティ

c0060659_648776.jpg【2009年3月14日(土) 19:00~ 東京オペラシティ・リサイタルホール】
●ダングルベール:第1組曲 ト長調より
●ラモー:《小鳥の呼びよせ》、《やさしい訴え》、《ジプシー》
●フォルクレ:第4組曲 ト短調より
●フィッシャー:アルペッジオ、パッサカリア
●バッハ:フランス組曲第3番ロ短調 BWV814
●同:トッカータ ニ長調 BWV912
 ○アンコール 同:フランス組曲第5番~サラバンド
⇒水永牧子(Cem)


このおかげで(?)ギロチン音を耳に残したまま初台を去らずに済んだのでした。

オペラシティのリサイタルホールはアンサンブル・ノマド以来だろうか。あそこが傾斜のない平たいホールだってことは知られてるのでしょうから、全自由席ならば開場前は行列。。関係者らしきオバハン軍団と、小生も末席を汚す暗ヲタ軍団の対決で。
当夜のチェンバロは水永さん所有のフレンチモデル。赤い躯体に金箔の装飾がとーっても美しい…けど当日はヘソを曲げてしまったみたいで、開演直前まで弦の張り替えが行われておりこちらもヒヤヒヤ。その様子は梅岡さんの「チェンバロ漫遊日記」に詳しいようです。

《カルメル会》と時代はそんなに違わないはずだけど、語法は250年以上遡って、前半のフランスプロ。
それにしても、どんなアプローチもブラックホールのように呑み込んでしまうダングルベール。すげえなあ。水永さんの演奏は初めて聴いたけれども、弾け飛ぶような拍感の演奏をイメージしちゃっていると、当夜は彼女の優しい呼吸に気持ちよく裏切られる。
そういうわけで、ラモーとフォルクレの性格的な作品は実によかった。特にフォルクレは、レオンハルトだと伝説の大悪魔という感じがしますが、水永さんの演奏だと魅力的な小悪魔っぽくてドキドキです。歌い方が素直できれいで、悪意や無駄な重みがないからなのかなあ。

後半にフィッシャーのパッサカリアが聴けたのは嬉しいポイント。ここでも音楽のフォルムがガツガツしてないというか、物腰がとにかく柔らかく、いい意味で平明で、こうしたリュリ系のバロックにはそれがよく似合っていると思います。
by Sonnenfleck | 2009-03-17 06:47 | 演奏会聴き語り

真夜中から明け方の悪魔

c0060659_2215332.jpgエントリが2日空いたのはかなり久しぶりかも。今の気持ちを名古屋風に表現すると「どら忙しいでかん」です。3日ぶりに帰宅して、もうへとへとですが、フォルクレ浴。

おなじみスキップ・センペのクラヴサンと、ジェイ・ベルンフェルトのヴィオールによる、アントワーヌ・フォルクレのヴィオール曲集。そこへ息子ジャン=バティストの手になるクラヴサン編曲版が仕切り板として挿入されて、自在な(もっと言うと雑駁で心地よい)プログラムが作り出されています。センペファンにはたまらない企画ですね。

ここでのセンペとベルンフェルトは、アゴーギクでもって聴き手を脅かしたりすることはなく、華美な装飾音をぶら下げることもなく、水際立った鋭いタッチを打ち込むこともなく、「悪魔のフォルクレ」が書いた音楽をただ自然に表現しています。
フォルクレの音楽は(たとえばマレの一部やほとんどのクープランに比べればずっと)表出性の高い音楽ですから、センペ連ならやろうと思えばいくらでも過激にできると思うんですが、その方向へは進まず、素材の味をそのまま伝えることに特化している。もぎたての野菜にドレッシングをドバドバとかけるのは素敵な作法ではないでしょう。
〈ポルトガル人〉の切ない節回しを右手で軽く表現するベルンフェルト。いっぽう、「同僚描写シリーズ」〈クープラン〉〈ルクレール〉〈ラモー〉はすべてセンペのソロで、憂鬱質・空虚な華美・鈍重な荘重が抉り取られ、そのまま放置されていくのでした。
by Sonnenfleck | 2007-07-28 03:35 | パンケーキ(18)