タグ:ヤーコプス ( 3 ) タグの人気記事

on the air:ヤーコプスが魔笛でやってしまった@エクス

c0060659_0492663.jpg【2009年7月30日 プロヴァンス大劇場】
<エクサン=プロヴァンス音楽祭'09>
●モーツァルト:《魔笛》 K620
→ダニエル・ベーレ(T/タミーノ)
  マリス・ペーターゼン(S/パミーナ)
  アンナ=クリスティーナ・カーッポラ(S/夜の女王)
  ダニエル・シュムツハルト(Br/パパゲーノ)
  イム・スンヘ(S/パパゲーナ)
  マルコス・フィンク(Bs-Br/ザラストロ)
  クルト・アツェスベルガー(T/モノスタトス) 他
→RIAS室内合唱団
⇒ルネ・ヤーコプス/ベルリン古楽アカデミー
(2010年7月25日/Catalunya Musica)

いやはや!なんとも!
周到に計算され尽くした最強エンタメ系魔笛が、今宵、カタルーニャよりお届け。
こんなにいじくり回されても、まだかたちを崩さないモーツァルトが凄い。
ヤーコプスの魔笛は、9月にセッション録音としてハルモニア・ムンディから発売されますから、楽しみにされている方は、以下はお読みにならないほうがいいかもしれない。このような演奏では、「一回性」が何よりも大事でして。

+ + +

音楽は、ヤーコプスのなすがままにされている。オケも、ソロも、合唱も、すべてヤーコプスのなすがまま。驚くほど一糸乱れずヤーコプスの思い通りに運んでいて、これでライヴだというのだからたまらない。
立ち止まったり、急ダッシュしたり、うさぎ跳びで進んだり、期待どおりにうるさいヤーコプス節全開、あの「面白がらせ」が芬々としているので、嫌な人は本当に嫌でしょうな。僕も、これはCDを購入してまで聴きたいとは思わないけど、一回限りの愉しさは無類と言える。この「面白がらせ」のために、シリアスなシーンはだいたい台無しなのですが、ザラストロが第2幕のアリアで装飾を入れまくるのを聴くと、彼も気のいいオッサンみたいに思えてくるから不思議。

ただ、この演奏の一番の面白さは、セリフ部分のレチタティーヴォ化に集約されてしまう。急停止急加速は想定の範疇だったが、これには度肝を抜かれた。
たとえば、冒頭の3人の侍女の、シュプレッヒシュティンメと化したパパゲーノ脅しには、歌舞伎のような凄味のある色気があって、侍女の一人がふざけて夜の女王のアリアを口ずさんでいるのも許せる。なんという恐ろしいオバハンたち。

その上さらに、この演奏にはフォルテピアノがいるんだよね。
フォルテピアノはアリアの中にもいて、遠慮なくジャラジャラと鳴っているんだけど、やはり圧倒的な存在感を示すのがセリフの伴奏。そこで、その直後のアリアや重唱の旋律を先取りしたり、人物の感情を代弁したりする(パパゲーナ(婆)のシーンも凄かったが、第2幕のモノスタトスのアリア直前のセリフに、陽炎のような上昇音型の伴奏が付いたのは、なんというエロさかと感動した)。これはやっぱり、フィゲイレドが弾いているのか。
これがオーセンティックなやり方でないことは想像がつくのだが、ちょうどコジファントゥッテみたいに、つくりものじみて儚い美しさが音楽に漂い始める。魔笛を真摯にやろう、というのが20世紀呪縛だったとしたら、これはそこから自由。
by Sonnenfleck | 2010-07-31 01:01 | on the air

あのような裂け目ではなく、快楽を。

c0060659_6253066.jpgお待ちかね、ヤーコプス/フライブルク・バロック・オーケストラの新譜。今度は《プラハ》《ジュピター》ということで、これはもう期待せずにいられようかという。先日幸運にも中古価格で入手することができたので、さっそく聴いてみましたよ。

まず《プラハ》の序奏、Tpの咆哮に応える弦のフレーズに奇妙なスラーが付いてて実に浅薄、楽しすぎます。何が精神性だ。何が崇高だ。さあ、音楽が始まる―。
仔犬が遊んでほしくてうずうずしながら走ってくるように、愛嬌を振りまいて転げまわる第1主題。サクサクとして後ろを振り向かないリズムがまったく快感です。推移部に向かってFl・Ob・Hrがふんわりと交錯しながら浮かび上がり、Fgがバターのように憂鬱な第2主題へ。
展開部ではVcとKbにスポットライトが当たって、次々に繰り出されるエピソード群を枠にはめ込んできりりと引き締めます。再現部は豊かに破裂して、それがコーダ目掛けて螺旋を描きながら再び収束していく様子は…第一級の音響芸術ではないですか。。

第41番は、史上初の「Gが体感できるジュピター」ではないかと思います。
第1楽章の冒頭からしてすでに、「巨大さを眺めて楽しむこと」は真っ先に表現すべき価値ではなく、伸縮しながら機敏に運行する運動体に乗って楽しむ感じが優先されます。全身の血液が音によって引っ張られるような。。第2主題以降は、盛大な減速が行なわれてワルター/VPOみたいにレトロなテンポになったのち、滑らかにギアチェンジを行なって急加速するという仕掛けがあちこちに現れます。素晴らしい。
反対に各方面レガートの応酬が美しいのは第2楽章。艶やかな響きのFBO高性能弦楽が生きてますねえ。展開部のロマンティックな歌い口など―何度も繰り返しますが―ここに至ると古楽/モダンの弁別などどうでもいいのです。
第3楽章になると再び重力加速度が生まれるのですが、起伏は第1楽章よりさらに洗練されて、慣性を無視しない自然な流れに感動を覚えるくらい。
しかし面白いことに、フィナーレのジュピター音型が突然、ベームのような偉大さを取り戻します。守旧派への配慮か…と思いきや、その組成の色彩感たるや並でなく、コリント式の大柱に近寄って上を見上げたら柱頭のアカンサス模様がとんでもない解像度、みたいな感じ。コーダ直前の繊細なテクスチュアを聴いてみてください。。

ところでミンコフスキと聴き比べてみると、フライブルクとルーヴルの明確な違いに気づきます。あちこちが奔放に育って豪快なルーヴル(弦の急激な上行音型なんかまさにラモー)と、極限まで彫り込まれてトゥッティの柔らかい繊維質まで覗くフライブルクと。
いずれにせよ、ヤーコプスとFBOがここでやっている快楽主義的なスタンスを、僕は遠ざけることができません。…何しろ気持ちがいいのです。
by Sonnenfleck | 2007-05-15 06:27 | パンケーキ(18)

遅れてやってきた救世主

c0060659_19471622.jpg【harmonia mundi FRANCE/HMC 901928.29】

ヤーコプス/フライブルク・バロック・オーケストラの《メサイア》。この新録音に対しては、本当に期待していましたし、恐らくこれが自分にとっての新しい「刷り込み《メサイア》」になるはずでした。
しかし…聴くのが遅すぎた。アーノンクールの後に聴くべきではなかった。普段なら明るく楽しく愉快に聴こえる「ヤーコプス節」が、ただの派手な演奏にしか聴こえないんです。もしかしたら多少そう感じるかも、、と予想してはいましたが、、ここまでとはなあ。。ショック。

90年代後半からの古楽界の「縦」に関する流行って、減点法で各パートを整理して生まれる薄氷のような響きを「置いておく」ことを重視するタイプよりも、思い切ってヴィブラートや華やかな通奏低音で装飾してマッシヴな量感を聴き手に「ぶつける」ことに主眼を置くタイプのほうが大きな勢力になってきてるような気がしますが、ヤーコプスなんてまさに後者の代表のような指揮者ですよね。。
まず通奏低音にリュートがいることに驚愕…。これだけでまずレチタティーヴォの印象はがらりと変わりますし、この撥弦楽器はトゥッティが激しく鳴っている後ろからも大きな音で拾われてくるので、全体の響きの質感は非常に華々しく多彩なものとなり、およそアーノンクールとは違う。序曲の冒頭で「ベベベンっ」とかき鳴らされるリュートの「透明を志向しない音」、これがこのヤーコプス盤の醍醐味を象徴しているのかもしれません。

「横」に関してもまーよく攻めます。全体的に大変な快速テンポなのですが、第3曲のテノールのアリア「Every valley...」や、第8曲のアルトのアリア「O thou that tellest good tidings to Zion...」の仮借ない速さ、舞曲のように拍がどんどん前へ進んでいく感覚はヤーコプスのならではですね。それに加えて全曲中に物凄い数の装飾がジャラジャラとぶら下がっており、あちこちに耳慣れない変わったアクセントが埋め込まれているのもこの人らしい。オケとソロ歌手と合唱は指揮者の意向を忠実に実行するだけです。
(*しかし合唱は、どうしてRIASを使わなかったんだろう…。クレール大学合唱団の若々しさを買ったのか…でもこの粗さはちょっとないなあ^^; A.シェーンベルク合唱団と比較せずに聴くのは無理な話です。)

そんなわけでこの演奏は最新流行の衣装を纏っているわけですが、作品の構成については従来どおりの価値観に基づいているのが興味深い。頂点は明らかに第2部最後の「Hallelujah!」にあります。ここに突入する前のバスとテノールの2曲のアリアの完成度の高さ、そしてこの合唱の祝祭的な華やかさについてはよく練られた上で素晴らしいパフォーマンスが繰り広げられていますが、いっぽう続く第3部の穏やかな美しさに関しては、公平に聴いても単調な感じが否めない。第43曲のバスのアリア「The trumpet shall sound...」の煌びやかすぎる調子には閉口(ソロとOrgとTpの派手な装飾+リュートがうるさい…)。。

ヤーコプスは大好きな指揮者であり、この録音を全面的に受け入れることができないのはすべて僕の中にその原因があるんですが、彼の《メサイア》をポジティヴに聴くためにはもうちょっと時間が必要なようです。。
by Sonnenfleck | 2006-11-26 19:48 | パンケーキ(18)