人気ブログランキング |

タグ:ラフマニノフ ( 6 ) タグの人気記事

フェドセーエフ/チャイコフスキー響の千夜一夜@サントリーホール(10/16)

c0060659_614477.jpg【2012年10月16日(火) 19:00~ サントリーホール】
●ラフマニノフ:《ヴォカリーズ》
●同:Pf協奏曲第3番ニ短調 op.30
 ○スクリャービン:左手のための夜想曲 op.9-2
→小山実稚恵(Pf)
●リムスキー=コルサコフ:交響組曲《シェヘラザード》
 ○チャイコフスキー:《くるみ割り人形》から〈アラビアの踊り〉
 ○同:《白鳥の湖》から〈4羽の白鳥の踊り〉
⇒ウラディーミル・フェドセーエフ/
 チャイコフスキー交響楽団


フェドセーエフウィークの第二夜。
この夜はもともと行くつもりがなかったし、行けるとも思ってなかったのです。ラフマの3番はあまり得意じゃないし。でもこの日、仕事がトントンと片づいた僕は、ふと気がつくとサントリーの当日券売り場に向かって駈けていました。1曲目を犠牲にしてぎりぎりセーフ。シェヘラザード、聴きたかったんだもの!

入場してびっくり。席が9割方埋まっている。前日の4割と大違い。。

ラフマニノフの協奏曲は(おなかも空いていたので)リーマン大好き肉豆腐のことを考えながら聴いた。この曲の素材は、まず巨大な木綿豆腐としての独奏ピアノがでん!と存在感を示さなければいけない。それからほろほろに煮崩れて形状を失った各種モツ、たっぷりの青ネギと、たっぷりの七味。

むろん「最近ラフマニノフがなんとなくわかってきた」ような段階では、この煮込み風協奏曲の演奏の出来なんか云々できっこないのだが、前日のチャイコフスキーを知っている身からすれば、フェドセーエフ側に若干以上の遠慮があったような気がしてならなかった。モツが少なめ、ネギはあまり香りがせず、七味は切れている。お豆腐の存在感が弥増すばかりなり。

+ + +

酒肴のことなんか考えていたのが悪かったのか休憩時間には腹ぺこに。

「ビールは飲むパンである!」と修道士のような決意を固めてプレモルを頼んでしまったのが運の尽き、後半のシェヘラザードはひたすら気持ちいい音響に身を任せることになってしまったのだが、やはり、巨大で破壊的な音響が来るとの予想はきれいに裏切られ、より叙情的な円っこい音響が支配的であった(のは覚えている)

アルコールを入れて臨む音楽会は、聴いている最中は聴神経が研ぎ澄まされているように感じるのだが、結局そんなに内容を覚えていなかったりする。毎度のことながら反省しきり。船は黄金の泡の海で難破。終局。
by Sonnenfleck | 2012-11-08 06:24 | 演奏会聴き語り

熱狂の復習―5月3日(木)その2|ラフマニノフ→チャイコフスキー→ラフマニノフ

c0060659_19584816.jpgその1から続く。

【125】5/3 1800-1900 ホールB7〈チェーホフ〉
●ラフマニノフ:《楽興の時》op.16
●チャイコフスキー:Pf組曲《くるみ割り人形》
●ラフマニノフ:Pfソナタ第2番変ロ短調 op.36
⇒アレクセイ・ヴォロディン(Pf)


今回の大収穫。この人は、すぐにラフォルジュルネでは聴けなくなるようなクラスのピアニストじゃないかと思う。
最近のラフマニノフ運の強さは異常なほどである。昨秋に聴いたテミルカーノフの第2交響曲も最強だったが、ヴォロディン氏の楽興の時+第2ソナタも最強だった。

実は最近、クラヲタ歴10数年目にしてついに、ショパンとリストとラフマニノフの偉大さに気づきつつある。

つまるところ彼らは、どこまで行っても哀れで、汗臭く、夢見がちな男の浪漫を音楽にして残しただけなんだろうな(リストは少し違うかもしれんが…)。こんな簡単なことに思い至るのに、10年以上も掛かってしまった。
語弊を恐れずに書くが、男臭い浪漫に惹かれる女性ファンが多いのは非常に理解できるところだし、それに昭和のヒョーロンカとヒョーロンカに引き摺られている僕たちヲタ層が、コンプレックスと十分に融け合って切り離せないアンチ浪漫主義に基づいて、ショパンやラフマニノフを(たとえばバッハやベートーヴェンに比べて)なんとなく一段下に見てきたのも自明という気がする。

+ + +

1977年生まれのヴォロディンは、タチアナ・ゼリクマンとエリソ・ヴィルサラーゼに師事したロシアン・スクールの正統的逸材として名高い(ようである)。

でもそんな能書きは、ラフマニノフを聴けばすぐにぶっ飛ぶ。彼のラフマニノフは、上に書いたような男臭い甘みと、自己陶酔的苦みが渾然と融合したアダルトなスイーツのよう仕立てて、僕たち聴衆を一気に虜にした。口に入れるとすぐに溶けるが、甘みと苦みがずっと舌の奥に残る。隣席の女性はあまりの感激に苦しそうにして耳を傾けていたし、となりのおっさんも感極まってブラヴォを飛ばしていた。

チャイコフスキーは箸休め程度に考えていた僕に、ヴォロディンはさらにいろいろなことを示す。
この人は指がたいへんよく回るので、まずタッチの粒立ちの美しさが比類ないレベルである。でもそれだけじゃなくて、ピアノからピアノ以外の響きを錬成する技術にも長けているんだなあ。
序曲の金管、金平糖のチェレスタ、パ・ド・ドゥ(アンダンテ・マエストーソ)のハープとチェロ、そうした楽器の響きをちゃんと想起させながら、なおかつピアノの音それ自体としても美しいという一回転が起こっていたのだった。ピアノ弾き系クラヲタにとってはどうでもいいことかもしれないけど、非ピアノ弾き系クラヲタにはかなり大切な事象なんである。

そして最後のラフマ第2ソナタ!
この巨大なソナタの胸苦しい第2楽章を聴きながら確信する。ああ、自分にとってはラフマニノフがなくてはならない存在になりかかっているんだと。少し前なら考えられなかったようなことが自分の中で起きている。
ヴォロディンはときに傲然と、ときに傷つきやすく、つまりはきわめて男臭くこのソナタを捌いていく。しかし野暮ったさや鈍重さとはいっさい無縁で、楽興の時やくるみとは少し違う種類のダンディズムが漂う。アタッカで第3楽章に侵入する第1撃の輝かしさに、フィナーレの怒濤のフォルティシモに、これまた帝政ロシアの復活を思わずにはおれない。

最後の和音が鳴り終わらぬうちに、どうしてもとどめきれない拍手が雪崩れ込む。僭越ながら、僕もブラヴォを飛ばさせていただいた。彼、1月にオペラシティでリサイタルやってたんだなあ。行きたかったなあ。
この後、展示ホール「ディヤギレフ」でヴォロディンのショパン集を買う。

+ + +

その3へ続く。
by Sonnenfleck | 2012-05-06 20:49 | 演奏会聴き語り

テミルカーノフ/サンクトペテルブルク・フィル来日公演@文京シビック(11/12)

僕の友人の中でもっとも厳しい審美眼を持つ男が「今のテミル+サンクトは極めて素晴らしい状態にある、是非もなく聴くべし」と、いつになく熱心に勧めてきていたのであった。
関東唯一の週末公演であるこの日は、もともと夜に予定があったので諦めていたのだったが、急にキャンセルになってしまったのを幸いに当日券で突入。

+ + +

c0060659_1924079.jpg【2011年11月12日(土) 18:30~ 文京シビックホール】
●ラフマニノフ:交響曲第2番ホ短調 op.27
●チャイコフスキー:交響曲第4番ヘ短調 op.36
 ○エルガー:《愛の挨拶》
 ○チャイコフスキー:《白鳥の湖》~四羽の白鳥の踊り
⇒ユーリ・テミルカーノフ/
 サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団


一言で申して、エレガントの極みでした。
この有名なオケを生で聴いたことのなかった僕はいまだに、ムラヴィンスキーみたいな響きをイメージしていたんだけど、今は、もうそうではないのだ。

テミルカーノフのセンスは、旧レニングラード・フィルを劇的に変えた。彼らの録音に興味が湧かなかったので僕は気づいていなかったんだけど、こんなに豪奢にして優美な響きになっていようとはねえ。冒頭に登場した友人はこの状況を「帝政ロシアの復活」と表現してて、それは僕もまったく同意するところである。面白い!

そんなわけで、今年の来日公演のプログラムがリアルなソヴィエト音楽をほとんどフォローしないのは、むしろ当然と思われるのね。当夜のラフ2&チャイ4は、そうした文脈では燦然と輝く星々である。

+ + +

ラフマニノフが、本当に素晴らしかった。普段ラフマニノフなんか聴かない僕が、ずたずたに感動させられた。「これ以外の」演奏にならこれからも出会いそうだが、「これ以上の」演奏には出会える気がしない。

たしかに、トゥッティのフォルティッシモにこそ、数々の録音で親しみ深いソヴィエト流の威嚇が名残を留めるのだけど、ことフレーズの「とめ・はね・はらい」においては、細心の注意の下で「洗練」が構築されている。ある種の焼き菓子が口に入れるとホロリと崩れるように切なく、やがて甘い。そういったコンディションで演奏される第3楽章が悪いはずはなく、思いのほかアクセントが軽やかなのも素敵(この交響曲はザンデルリング/フィルハーモニア管の「ごっついガトーショコラ」みたいな演奏が普通だと思っていたので、驚きである)

さらに付け加えるなら、このオケの木管楽器は実に独特な音を有していて、この楽章の長いクラリネットソロも藪に生えた野生の果物のように強い香味を放つ。にもかかわらず、全体の印象はあくまでも高貴なままなのが興味深い。土俗と高貴の両立こそ帝政ロシア文化の本質であるからして。

第4楽章「いきなりトロピカル」も、なんとなく箱庭的で現実感がなく、響きがパッと散ってすぐに霧消する。丁寧で繊細な響きを土台に、きらびやかな早弾きと金管の咆哮が映える。彼得堡貴族の温室のようなものを思わせた。

+ + +

チャイコフスキーは、これはラフマニノフを食らったあとではそんなに激しい感動はなかったが、ステーキのあとにすき焼きを食って感動が薄れるようなものと思います。すき焼きも単体ではたいへんな重みがあった。
ラフマに続いてこれも緩徐な第2楽章が素晴らしかったんだけど、それはテミルカーノフの貴族的音楽趣味の表出かと思われた。そして第3楽章の充実した分厚さは(あのように的確に水分を含むピツィカートもあるんだね)、よくよく煮えたマロニーちゃんを想像させた。

<おまけ>
◆1.休憩中、珍しく隣席のおじさんに話しかけられ、主にラフマの第3楽章の完成度の高さについて話し込んだ。おじさんも僕も高揚。
◆2.反対側の隣席には典型的なクラヲタ青年2人が座ってて、甲高い声のおしゃべりと猛烈な指揮マネに終始(しかし演奏の内容が良かったのですべてが許された)。指揮マネも急速楽章の主要主題オンリーじゃなく、経過句とか緩徐楽章が振れるようになったら素敵だと思うよ。
◆3.文京シビックは響きがナチュラルで良いホールだなあ。良いと言うひとが多いのもわかるなあ。ホワイエにエクセルシオール・カフェが出張してるのも肩肘張らなくていいなあ。あとはあの椅子だけなんとかしてほしいなあ。
◆4.〈四羽の白鳥の踊り〉はレミングスだなあ。
by Sonnenfleck | 2011-11-20 19:26 | 演奏会聴き語り

セントラル愛知交響楽団 第93回定演

ちょっと遅くなりましたが、先週末に出かけたCASOの定期。

c0060659_623066.jpg【2008年7月18日(金)18:45~ 愛知県芸術劇場】
●ロッシーニ:《セミラーミデ》序曲
●ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲 op.43
  ○アンコール 同:《楽興の詩》 op.16~第1番変ロ短調
→小菅優(Pf)
●同:交響曲第2番ホ短調 op.27
⇒小松長生/セントラル愛知交響楽団


出かけたのに感想文を書かなかった演奏会ってのが実はいくつかあってです。昨年初めて聴いたセントラル愛知響の定期(07年1月)もそうで、まあいろいろ思うところがあったんだけど、ここでは詳述しません。
気鋭の親方を迎えて華々しく独自路線を突っ走る名フィルに対し、その陰に隠れた格好のこのオケは、今やちょっと微妙な立場に置かれていると思っていました。少なくともプログラミングで見るとN響も真っ青な保守本格派なわけで、彼ら自身はそれをどう感じているのか、演奏から示してくれるのだろうかと思っていたところではあったのです。今回も、

「まなつびに なべやきうどん おいしいな」(お~いお茶新俳句大賞 小学生の部)

みたいなプログラムで、完全に当方の範疇外ながら、しかしこの定期は素晴らしかったと自信を持って言えます。特にメインの交響曲第2番に関しては、この作品に対する姿勢を改めなければならないなと思わせる出来でした。こっちの方を先に書きましょうか。

つまり、去年名フィルで聴いたときからの疑問がするすると解明されたのでした。確かに込み入ったテクスチュアで、この感想文でもどこがどのようによかったと書くのは難しいんだけど、ちゃんとした理念を持って序列付けすれば視界は開ける作品なんだということは十分に理解された。プログラムによるとラフマの2番は音楽監督・小松長生の勝負曲らしく、起伏の豊かさや彫りの深さはフライシャー+名フィルの比ではない。彼の内部で作品がよく咀嚼されたうえそれを実現しようとオケが積極的に立ち回り、結果として「オシゴト」だった名フィルの演奏とは異なって白熱した展開に。
セントラル愛知響がトゥッティとして纏まったときのテクニカルなレベルは、確かに名フィルから多少の溝を開けられているように思います。でも虚心坦懐に聴くと、この日は名フィルに引けをとらないどころか、たとえ東京に行っても満杯のサントリーホールを熱狂させるだけの威力を持ったパフォーマンスだったんじゃないかな。それに小松氏特有の濃~い味つけを積極的に汲み取ろうとする彼らの姿勢、よく伝わって来るんです。白けてないっていうか。

さて各方面で絶賛の声を目にするピアニスト、小菅優ですが、ううむ…凄い…。
ラフマニノフの、アンコールで弾かれた《楽興の詩》第1番がとにかく絶品でした。彼女は子音の力強さと威力とをよく心得ていて、抒情に苦々しい縁取りを施す。彼女の演奏なら《楽興の詩》の全曲を聴いてみたい。
しかしパガニーニの主題による狂詩曲、こちらはオケとの齟齬が目立って残念な結果になりました。どちらが悪いというのではなく、たまたま両者の音楽性が相容れないものであったためでしょう。ピアニストは曲線を描いて目的地までひとっ飛び、かたや指揮者とオケは直線で一画一画を疎かにしない。どちらもそれはそれでアリですから、あー平行線を辿ったなという感じ。両者は拍手を浴びてがっちり握手を交わしていましたが…。

で、小松氏の一画一画を疎かにしない、剛直なスタイルがよく窺われたのが、最初の《セミラーミデ》序曲だったわけです。相撲取りが遠くからどすどすと行進してくるようなロッシーニ・クレッシェンド、こういうスタイルは初めて聴きましたねえ。
ああそういえば今は名古屋場所期間中であったことだ。
by Sonnenfleck | 2008-07-23 06:05 | 演奏会聴き語り

アリシアおばさんのビスケット

来月の名フィル定期、新しい親方のティエリー・フィッシャーが(ようやく!)登場。
でもそのプログラムが、ちょっと不気味なんですよ。
●ホリガー:《トーンシェルベン》(日本初演)
●ラフマニノフ:Pf協奏曲第3番ニ短調 op.30
●ベルリオーズ:幻想交響曲 op.14
これまでの3回の定期、すべて意味があってあのブッ飛んだ選曲になっていたというのがわかってきたんです。ならばこの組み合わせは?ホリガーとラフマニノフを並べる理由は?ラフマニノフからベルリオーズにつながる理由は?
…考えても今回は全然わからないので、とりあえずラフマニノフの予習しとこうか。

c0060659_814257.jpg【DECCA】 <ラフマニノフ>
●Pf協奏曲第3番ニ短調 op.30
→アリシア・デ・ラローチャ(Pf)
⇒アンドレ・プレヴィン/ロンドン交響楽団
●同第1番嬰ヘ短調 op.1
→ピーター・カティン(Pf)
⇒サー・エイドリアン・ボールト/
  ロンドン・フィルハーモニック管弦楽団

ラローチャには、2003年5月のフェアウェル・コンサートで(文字どおり)ぐずぐずに泣かされた思い出があります。あのときは確か紀尾井シンフォニエッタの定期に彼女が登場する形で、もともと前半に置かれていたモーツァルトの第23協奏曲が急遽後半に回されたように記憶している。紀尾井ホール全体が異様な雰囲気に包まれていて、隣の兄ちゃんも向こうのおばさんもみんな泣いていた。そんな記憶がラローチャに特別の思いを抱かせます。

この録音を誉めている文章は一度も見かけたことがないんですが、たぶんそれは、ラフマニノフの第3協奏曲に対してフツーの愛好家が期待する快刀乱麻の第3楽章が、まったく柔和な表情をしているからだと思う。僕が持っているこの協奏曲のCDはただこれ一枚きりなので比べようもないんだけども、アルゲリッチとかギレリスとか、バリバリ弾いてしまうであろう名人の演奏にはそんなに興味が湧かない。
ラローチャの演奏の、どこがどういいのか―。この長い録音を通して聴くと、第2楽章のほのかな甘みに惹きつけられるんです。バリバリ派の人々は物凄い量のホイップクリームでデコレーションしていそうな楽章ですけど、ラローチャはあくまで家庭的な微糖。サクサクしたビスケットの歯ざわりが感じられるような気持ちのよいタッチです。

第3楽章のコーダについても風呂敷が広がらない。抑制の効いたプレヴィンのセンスにラローチャの清廉な音が重なって、見栄っ張りにならずに気持ちよく終わってくれる。ロンドン響の音はあんまり魅力的ではないが、却って現実的だな。
by Sonnenfleck | 2008-06-21 08:16 | パンケーキ(20)

名古屋フィル 第332回定演

【2007年1月19日(金)18:45~ 第332回定演/愛知県芸術劇場】
●シューマン:Pf協奏曲イ短調 op.54
  ○アンコール シューマン:《子供の情景》 op.15 ~〈詩人のお話〉
→ジョナサン・ビス(Pf)
●ラフマニノフ:交響曲第2番ホ短調 op.27
⇒レオン・フライシャー/名古屋フィルハーモニー交響楽団


ラフマニノフ!
頑張って予習もしましたが、結局CDを聴きながら寝てしまうというベタなオチ。無理。
ライヴだと緊張しているので寝ずに済みましたけど…やっぱりおかしな作品なんですよね。
なんであんなに音が多いんだろう?
なんで第4楽章だけ近所の健康ランドみたいな安いムードなんだろう?
(第3楽章はよく言われるほどには安くはないと思うのだけど。)
なんであんなところに不吉なゲシュトプフがあるんだろう?
どれもわからない。
チャイコフスキーのような、シベリウスのような、ブルックナーのような、ワーグナーのような、要素がグタグタに混ざった鵺的テクスチュアにさんざん翻弄された挙句、ぽいと捨てられる空しさ。これが今夜も解消されずにわだかまったままでした。

それに加えて今回は指揮者も変だった。
両手ピアニスト時代の録音は聴いたことがあるけれど、この人の指揮を聴くのは初めてです。
しかしこれは…よくある変を演じる演奏ではなく、素で変な演奏なのですよ。
まずは効果不明の対向配置。続いて謎の超快速テンポ。第2→第3楽章のアタッカ。そして何より、「その瞬間のキレイな旋律」を洗い出して歌うことに関する偏執狂的な拘りが不思議でした。「それは確かにキレイなメロディだが、主となる旋律じゃなくない?」という断片をわざわざ表に引っ張り出すので、あちこちで「序列」が崩壊する。僕はこれを面白がるほど悪趣味ではありません。。
何が言いたいのかわからない曲で、何がしたいのか見当がつかない造形。齢80に垂んとして、フライシャーという音楽家は一体どこへ向かって歩いているのか…。

なお前半のシューマンもピアノとオケがまっっったく噛み合っておらず、異様な演奏でした。まだ若いソロのジョナサン・ビスが、思い切り気障にキメたアンコールの〈詩人のお話〉だけが、「正常な泰西古典楽曲」の姿を伝えていたような気がする。。うむむ。
by Sonnenfleck | 2007-01-20 02:03 | 演奏会聴き語り