人気ブログランキング |

タグ:琳派 ( 3 ) タグの人気記事

生誕250年記念|酒井抱一と江戸琳派の全貌@千葉市美術館(11/6)

本業のピークが始まろうとしている。そして今年のピークはいつもより長い。やべーうひょーぉっという綱渡りがじりじり続くということである。厭だねえ。
こんなときは書きためておいたエントリを放出。ちょっと前のことですが。

+ + +

c0060659_2105261.jpg個人的に江戸琳派に強い親近感を感じること、また、はろるどさんや藝術に造詣の深い友人が絶賛していたので、是非もなく出掛けた。

千葉市美術館は初体験。東京都心からは一定の距離、千葉駅からも一定の距離、さらに雨の日曜の夕方なれば、ミーハーなおばはん連や知的デートを演出したいカポーなどもごく少なく、視たい人同士が作り出す良好な環境が保たれて善き哉。(最近の展覧会ってなんであんなに混んでるの?)

かねがね自分の中では、酒井抱一と彼の弟子筋にメンデルスゾーン的天才が重なっていた(光琳萌えもバッハ萌えと重なることだし)。あの強く自己完結した清潔感と瀟洒、意志のある精緻さ、空間支配の洗練された方法は、フェリックスぼっちゃまの音楽に相通じる。
しかし、フェリックスぼっちゃまにあって抱一ぼっちゃまにないものがひとつだけある、それが、作り手と藝術のデーモンとの交歓、みたいなものじゃないかと思ってたんです。メンデルスゾーンの複数の曲にはやっぱり確実にそういうところがある一方で、酒井抱一の作品ではそういうものがいまだに見つけられていなかった。

でも今回の大回顧展で、抱一の屏風の中に、背筋にゾッとくるものを容易に、そしていくつも発見することができた。さすが「全貌」である。

+ + +

◆《四季花鳥図屏風》(六曲一双・文化十三年(1816)・陽明文庫蔵)
c0060659_211965.jpg
→全面がやや赤みのある明るい金地。四季の花鳥が大きめに、しかし妙なるバランスで配される。そして花鳥の足元にメタフィジカルな視点を付加する金箔ブロック(7ミリ四方くらいの正方形です)。花鳥がドット状になって金地に還元される一瞬を捉えたような、実に不思議な視覚の快楽。
また、右隻「春」の区画には、クリムトの《人生は戦いなり(黄金の騎士)》の下生えが、より洗練されたかたちで存在している。すなわち強靱な金地、モスグリーンのフラットな台、ワラビにツクシ、タンポポ、くっきりと色づく朱鷺色の花弁…。

◆《波図屏風》(二曲一双・文政後期・MIHO MUSEUM蔵)
→抱一にはもうひとつ、有名な《波図屏風》があるらしいが、そっちではない。こちらは高さ45センチ、幅は一双で155センチと親密な大きさだが、その内容が物凄い。ここに描いてある青黒い波の不敵な力強さはいったい何だろう。中期のベートーヴェンのような、力ある者の正当な傲慢さを感じさせる。

◆《月に秋草図屏風》(二曲一双・文政八年(1825)・個人蔵)
c0060659_2112835.jpg
→Aber der Mond verrät mich ... der Mond ist blutig.

+ + +

同時に、ほんのりとした幸福感を与える小品が多いのもメンデルスゾーンと同じ。僕が抱一に惹かれるのは、この小さな幸福感に吸い寄せられるからでもある。

◆《河豚蘿蔔図》(一幅・個人蔵)
→画像がご用意できないのが実に悔しい。
ひっくり返って腹を出したフグと、その脇にぼて…と寝そべった大根。描画も彩色もほんとうに最小限にとどめた結果、円っこさだけが要素として残った。この円っこい幸福感は絶大である。心から所有欲をかき立てられたもののひとつ。

◆《州浜に松・鶴亀図》(三幅・寛政後期・個人蔵)
→中央が松、左に亀、右に鶴。いやーめでたいね。汀に根っこを、空に枝を伸ばす、松の舞踊的な表現。キュートな亀にスマートな鶴。

◆《麦穂菜花図》(双幅・静嘉堂文庫美術館蔵・重要美術品)
→麦の穂が前面と背面の二層で描かれている。春霞にぼやける背面層と、空のヒバリ、そしてちょっと無生物的なほど規則正しい、青い麦の穂。春らしい雑駁なにおいが漂ってきそうな強力な空間支配ですね。

+ + +

見逃した方は、春になったら京都の細見美術館へ。巡回してます。
by Sonnenfleck | 2012-01-26 22:24 | 展覧会探検隊

所蔵名品展[国宝 紅白梅図屏風]@MOA美術館(1/9)

c0060659_10571295.jpg

1月初めの3連休。南関東は実に天気が良かった。
冬の南関東はどうしてこんなに天気が良いのだろうか。ネイティヴ南関東住民たちはこれが祝福された晴れであることを忘れないでほしい。そんな、僕の中でぐずぐず発酵する裏日本メンタリティを引き連れて熱海に向かうことにした。お一人サマ熱海は罰ゲームみたいね。でも気にしないね。

つまり、MOA美術館にはずいぶん昔から一度行ってみたくて、手元に招待券が舞い込んだからにはこの予定のない冬の晴れを活かさないわけにはいかなかったのです。
タクシーを降りて(新春贅沢)、噂どおりのメガロマニアックな建築に苦笑いしつつ入館する。熱海らしく喧しい家族連れも居はするものの、喧しい集団というのはスタスタ歩いていってしまうケースが多いから、ほとんどの瞬間において、そこは見物人と展示物がほぼ同数という閑かな空間に保たれていました。美術館はこれくらいがちょうどいいスよ。

1. 尾形光琳 《紅白梅図屏風》(18世紀) [国宝]

どんなに大規模な琳派の展覧会でも、この国宝が熱海から呼ばれて展示されることはないらしい。年間に浴びせてよい光量が決まっているらしいとか、そんな噂もある。
幸いお客さんもそんなに多くなかったから、これの前に置かれたソファに座って20分くらいじっと視ていた。じっと視ていると、左隻にはもちろん中央のV字の枝、右隻にも幹と河岸によるV字の構図が見えてきて、一見すると変な画面なのになぜかこの作品から湧き出てくる安定感のゆえんを感じた次第。vv。

クリムトがインスパイアされたらしい波紋は、上の画像でははっきりと見えてしまっていますが、実物の展示状態ではよほど近寄らなければ窺えない。川の色彩も想像していた濃紺ではなく、濁った黒に見える。この状態では金黒ギャップの鮮やかさが増しているのだから面白い。形のある藝術にあっては「展示」が、音楽における「演奏」に匹敵するわけですな。

2. 酒井抱一 《雪月花図》(19世紀) [重要美術品]

c0060659_1057375.jpgで、光琳のパワーを浴びた後の順路には、巧い具合に抱一の三幅が掛かっています。

何も知らない鑑賞者に襲いかかる光琳の梅モンスター…それとは一線を画す優美なミクロコスモスこそ、抱一の醍醐味なのだろうと思った。
しかし、優美の裏地に淫靡が隠れていそうだぞというのは衆目の一致するところで、、か細い桜の枝ぶりや、月の円みや、松の枝からコンデンスミルク状にたらりと落ちかかる雪に、何も思ってはいけないということもないだろう。

3. 伝 銭選 《花籠図》(13世紀)

c0060659_10575950.jpg一見すると奥行きもないし画面も小さいし、地味な作品なのだが、よぅく視ると、満杯に盛られた花に籠が食い込んでいる様子がかなり細密に、マニアックに描写されている。
13世紀ボンデージ。今日のエントリにはエロ系のスパムTBがいっぱい飛んできそうですね。(※ちなみに英雄交響曲について書くと、エロイカの「エロ」に反応して飛んでくる。彼らは敏感だ。)


4. 唐物箆目肩衝茶入 大名物(13~14世紀)

c0060659_1058133.jpgこんなにでっかい茶入があるんだ!!
高9.8cm、口径4.9cm、胴径8.9cm、底径5.0cmであるから、350mlのアルミ缶を横方向に思い切りぶくりと太らせたような存在感。あるいはその紫褐色の照りから、加茂茄子も連想しやすい。
そのユーモラスさの中に、右上から左下に走るヘラの痕がナチュラルなアクセントになって可愛らしさが増幅している(もしヘラ目がなかったらただの鈍重になってしまうところだろう)。

+ + +

展示室を出ると、冬の午後に光る相模灘が眼前にあった。
by Sonnenfleck | 2010-01-30 11:00 | 展覧会探検隊

若冲と江戸絵画展@愛知県美術館

c0060659_14342617.jpg去年の8月に江戸で見た展覧会が、京と筑前を巡ってようやく尾張入り。待った待った。

えっとですね。概観的なことは先回の感想で書いてしまったし(若冲作品についてとか/印象は変わりません。僕はこの人...実は苦手かもしれない...)、それこそ他のブロガーの皆さんが書かれたレポートのほうがずっと優れているのでそちらをご覧になっていただくとして、僕は今回、強烈に印象づけられた3点の屏風だけを取り上げようと思います。どれも優に20分は絵の前で立ち尽くしてしまったもの。
それぞれクリックすると大きな画像へ飛びます。

山口素絢 《夏冬白鷺図屏風》
c0060659_1554561.jpg
二曲一双の総銀地、右双に輝く夏の川面、左双に沈黙の冬木が描かれています。
表面的に見ると、全面に施された銀箔が、右双ではカッと照りつける真夏の太陽を、左双では音を吸収する真冬の雪を、それぞれ忠実に再現している。
しかし一方で、あり得ない世界の奥行きを創造してもいるんですね。ないはずの「奥」がどうして想像されるんだろう。。見入っていると最終的には鷺の姿も消滅して、視線および体がその「奥」にたぐり寄せられて消えるような陶酔感を覚えました。怖いというか気持ちいい。東京では例の暗室に置かれて、光の演出を受けていたような気がするのだけど、銀は金ほどには物を言わないようなのであんまり印象に残らなかったのかな。これは永続的な蛍光灯の下でこそ恐怖が威力を持つ作品なのかもしれない。
この山口素絢という画家は美人画で名を成した人物らしいのですが、こうして観者のタナトスを引き出す画面を構築する画家が平然と美人を描いているというのが恐ろしいです。

葛蛇玉 《雪中松に兎・梅に鴉図》
c0060659_15153221.jpg
素絢の画が驚異的な奥行きを持っていたのとは異なり、同じモノトーンの作品でもこの蛇玉作品は平面的で、奥行きはいいとこ1mくらいで留まっていると思う。
でもこの画は、細部へのマニアックなこだわりが魅力なのです。雪国で生まれて、雪景色が胸に刻み付けられている人間が見ても、ここで画面いっぱいに降りしきる雪、そして木肌に付着する雪の恐るべきリアリティには息を呑みます。僕の印象の限りでは、雪の振る夜は実際にこのように見えるのですよ。あちこちの雪が光を反射しあって不自然に平面的な明るさを保つ夜。ノスタルジーを掻き立てられる。
画面を覆う雪は胡粉らしいですが、樹皮に着いた雪は実は白色の塗装ではなく、紙の地の色だそうです。現物を見ていたときはまったく気がつかなかった。

作者不詳 《簗図屏風》
c0060659_15211490.jpg
東京展で感激した光の演出ですが、幸いなことに名古屋展でも実現されました。対象となったのは若冲の《黄檗三万福寺境内図》とこの《簗図屏風》の二作品だけで、かなり小規模ではありますが、、再びあの「絵の動き」を見ることができて幸せ。
照度が極端に落ちたところで突然現れる金の醜悪な正体…あの赤黒いエロスは何度見ても衝撃的です。この作品では左双左寄りの樹木周辺と、右双の簗および蟹のあたりがギラリと輝いているのを確認して、背筋がゾッとしました。樹木が溶暗して急に奥行きが出てくる様子にも魅了される。『幻談』ではないけど、見えないもののほうがよく「見える」ようです。

+ + +

あとは第5章「江戸琳派」の名品に心を揺さぶられたように思う。酒井抱一の《十二か月花鳥図》は前後期で半分ずつの入替展示らしいのですが、今回は〈五月〉に描かれた菖蒲の鮮やかさと、〈八月〉のひまわりのエグさが双璧でありました。
鈴木其一の《青桐・紅楓図》に表現された雨にはため息しか出ません。いくつもの呼び名がある雨のヴァリエーションを正確無比に描写してますよね。。《群鶴図屏風》は何度見ても可笑しい。変な絵だよなあ。

僕が出かけた日は東京展のときに比べれば空いていたほうだと思うけど、この美術館にしては超大入りの部類だと思われます。あんまり広い会場ではないのでちょっと窮屈な感じもしますね(前述の《十二か月花鳥図》を廊下の壁に引っ掛けていたのはどうかと思った)。5月14日に展示替えアリ。公式サイトはこちら
by Sonnenfleck | 2007-04-29 17:17 | 展覧会探検隊