人気ブログランキング |

タグ:黛敏郎 ( 1 ) タグの人気記事

on the air:下野竜也/読売日響 第481回定演 [黛]

c0060659_6295071.jpg【2009年4月7日(火) サントリーホール】
●芥川也寸志:《エローラ交響曲》
●藤倉大:《アトム》(読売日響委嘱作品/世界初演)

●黛敏郎:《涅槃交響曲》
→東京混声合唱団
⇒下野竜也/読売日本交響楽団
(2009年5月31日/NHK-FM)

先週から2週連続で取り上げられている読響の定期公演。いよいよその後半部分、黛敏郎の《涅槃交響曲》です。

この曲こそライヴで体験してみたかったなあ。
まずは、第1楽章〈カンパノロジーI〉終結部でのブルックナーのような荘厳なマチエールに対する、第2楽章〈首楞厳神咒〉に現れた静けさ(これは物理的音量とは異なる!)から、仏教の感性を螺鈿細工のようにして「交響曲」に埋め込んだことによる効果のことを考えてしまう。
この場合、「地」の側が、仏教にまつわるものごとに比べると圧倒的すぎる力を持っているので、西洋音楽に精通した指揮者がこの作品を解釈することのアンフェアについても思いをいたすところであります。坊さまにも指揮をお願いしてみたらどうなるだろう?サントリーホールではなくたとえば延暦寺で?―しかし、こういったもしもトークも、結局のところ溶け合わない二者同士の独立が前提になっているわけです。そもそもがこういう作品なのだろうか。

もし第5楽章〈カンパノロジーIII〉でこの曲が終結してしまったなら、このモヤモヤした思いも確定的になってしまっていたのかもしれない。マエストロ・シモーノの特性や読響の好みを考えれば、彼らがこのアレグロ・マルカートな楽章に強い意味を感じているのはあまり疑いのないことだと思うし、事実、素晴らしくマッシヴな「西洋音楽」の演奏だもの。
そうなるとその後の第6楽章〈一心敬礼〉の存在がまったく心憎い。螺鈿細工の貝の殻も、土台となる漆器も、すべて砕けて粉々になりながら混ざり合う感覚―この楽章の奇妙な色気に、メシアンのような何かを見つけ出さないわけにはいきません。作曲者も最終的には溶け合いの方向で決着にしたんじゃないかなあ。

猿谷氏によれば、当日の会場には「若人」も多く訪れていて、演奏後の歓呼がなかなか収まらなかったとのことです(確かに拍手の冒頭、いいブラヴォが飛んでいました)。エローラの肉体賛美よりももっと奥まったところにある美のほうに、強く反応していたのかも。
by Sonnenfleck | 2009-06-03 06:52 | on the air